お役立ちコラム

お役立ちコラム

トイレはタンクレスにすべき?タンクレストイレの特徴を知ろう

昨今、スッキリとしたトイレ空間になるタンクレストイレが人気です。
今回はタンクレストイレの特徴や、メリット・デメリットを解説します。
ぜひ、タンクレストイレ設置の検討材料にしてください。

タンクレストイレの特徴

タンクレストイレは、水を流す時に使う水をためておくタンクが無いタイプの便器です。
従来の洋式トイレは、便座に座った時、背中側にタンクがあります。
しかし、タンクレストイレはタンク部分が無いので、トイレの空間が広々と感じられるでしょう。
一般的なトイレはタンクに13リットルほど、節水型でも6リットル程度の水をため、レバー操作により一気に水を流し汚物を流します。
ですがタンクレストイレはタンクが無いため、水道から直接水を流す仕組みになっています。

タンクレストイレのメリット

タンクレストイレが人気を集めているのは、それなりのメリットがあるからです。
まずは、タンクレストイレのメリットに目を向けていきましょう。

トイレがスッキリとした印象に

水をためるタンクが無いことで、便器回りはスッキリとします。
見た目にもスタイリッシュに感じますよ。
タンクを設置するスペースが不要になるため、トイレ室内が広く使えます。
タンクがあるトイレと比べると奥行が10cmほど短いので、足元が広くなります。
また、タンク部分の高さがなくなるため30cmほど低くなり背後もスッキリした印象になります。

掃除がしやすい

タンクレストイレは凹凸が無いため、埃などもたまりにくく、さらに掃除もしやすいです。
便器と壁面の間に隙間ができない構造のタンクレストイレも多いため、床掃除もしやすいでしょう。
清潔に保ちたいトイレだからこそ、汚れにくく掃除しやすいのは嬉しいポイントです。

水がたまるのを待たずに済む

水道から直結した水を使うタンクレストイレは、タンクに水がたまるのを待たずに済みます。
1回で流しきれない時などは、連続して流せるタンクレストイレなら待ち時間がありません。
朝などトイレに頻繁に入る時間帯は、連続して流せるのは利便性が高いと感じられるでしょう。

節水効果が高い

タンクがあるタイプのトイレは、一般的には13リットルほどの水を1回に使います。
節水型でも6リットル程度ですから、かなり水を使用することが分かります。
ですが水道直結型のタンクレストイレの場合は3~4リットルほどの水で流せます。
つまり節水効果が高いトイレになります。

タンクレストイレのデメリット

タンクレストイレを設置したものの、後悔しているという場合もあります。
設置後に後悔しないためにも、デメリットもしっかり知る必要があります。

手洗い場の設置によりトイレ空間が狭くなる

従来のタンク式トイレの場合、タンク上部が手洗いになっているものが多くみられます。
ですがタンクレストイレは、この部分に手洗いはありません。
そのためトイレ内で手を洗いたい場合には、別途手洗い場を設置しなければなりません。
手洗い場を設置した結果、逆にトイレが狭くなったと感じる場合があります。

電気が無ければ使えない

タンク式トイレの多くはレバー操作により水を流すため、水道に問題が無ければ電力供給が無くても使用可能です。
ですがタンクレストイレはボタンで水を流すものが多くなります。
ボタンを押すことで電磁弁という電気を使う弁を操作するため、電気が無ければ使えません。
停電時などにはタンクレストイレは使用できないのです。
バケツにため置いた水で流すなどの手間がかかります。

水圧が不足すると使えない

汚物を流すためにはそれなりの水圧が必要です。
タンクがあるトイレはタンクから一気に水を放出することで水圧を確保していますが、水道直結のタンクレストイレは、水道の水圧が低いと流れにくくなります。
元々水圧が低い家や水圧が低い場所では、タンクレストイレが設置できない場合があります。

価格が高い

タンクがあるタイプのトイレに比べると、タンクレストイレは割高です。
同様の機能を持つタンクありトイレに比べると、概ね1~10万円ほどの価格差があります。

一体型なので部分的な交換ができない

タンクがあるタイプのトイレの場合、トイレの便器と便座は別々の構造なので、万が一便座が故障した場合は便座だけ交換することが可能です。
例えばウォシュレットが壊れてしまった場合、ウォシュレットだけ交換ができるのです。
ですがタンクレストイレは一体型なので、このような部分的な交換ができません。
ウォシュレットが壊れると、便器ごと交換しなければなりません。

まとめ

タンクレストイレを設置する時には、水道工事や電気工事などさまざまな工事を同時に行う必要があります。
また水圧の関係で設置できるかどうかを判断する必要があります。
そのため、タンクレストイレの設置を検討する場合にはプロに相談することが必要です。
手洗い場の設置など大規模なリフォームになることも多いので、希望をしっかり相談して決めてくださいね。

関連記事